ハーレクイン・クラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

始まりはウエディング (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
友人のパーティーでハニーはグレアムと言い争っていた。以前からグレアムはしつこく結婚を迫り、愛してもいない彼と結婚する気のないハニーはうんざりしていた。いくら断ってもあきらめないグレアムは、そのときもまた…そこへ、ベン・クレアモントという男性が現れ、ハニーをさりげなくパーティー会場から連れ出してくれた。静かなバーでベンは彼女の話を親身になって聞き、最初は警戒していたハニーもいつしか彼との会話を楽しんでいた。翌朝、ベンから電話で食事に誘われたハニーは、グレアムとの問題を解決する“完璧な”方法を提案された。しかし、それは彼女にとっては信じられない方法だった。グレアムから逃れるために、ベンと形式だけの結婚をするなんて…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ハミルトン,ダイアナ
イギリスの作家。夫との間に三人の子供がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛に満たされたら (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
セブンは両親亡きあと、ジェーン伯母の元に身を寄せている。世間には自分が霊能力者だということは隠しているが、時々襲ってくる奇怪なイメージや不安感はどうすることもできない。ジェイク・ジャクソンが家に押しかけてきたのも、突然ひらめいた霊感のせいだった。六年前に行方不明になった彼の娘レベッカはまだ生きていると伯母に話したところ、伯母がジェイクの母にそれを伝えたのだ。「でたらめな情報でおふくろを動揺させないでくれ」ジェイクの剣幕にセブンは茫然と立ちつくした。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ネーピア,スーザン
バレンタインデー生まれ。生まれながらのロマンス小説家と言える。ニュージーランド、オークランドでジャーナリストとして出発。ハンサムな上司と結婚したのち小説の執筆を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

嘘は恋の始まり (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“警察では昨夜起きた当て逃げの犯人の捜索を…”モーネイはラジオのニュースを耳にして凍りついた。義兄が起こした事故のことを言っている!運転を任せるんじゃなかった、と後悔しても遅すぎる。助手席から、車の前に現れた男性の姿がはっきりと見えた―長身で黒っぽい髪、貴族的な顔立ちの人だった。ところが、被害者ブラッド・ケンドリックのほうもこちらの顔をしっかりと見ていたのだ。そうとは知らず、入院中の彼の病室に迷いこんだモーネイは彼に脅されて、怪我が治るまでの間、付き添いをすることになった。

内容(「MARC」データベースより)
「警察では昨夜起きた当て逃げの犯人の捜索を…」 モーネイはラジオのニュースを耳にして凍りついた。義兄が起こした事故のことを言っている! 運転を任せるんじゃなかった、と後悔しても遅すぎる…。

裏切りの予感 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ある日サンチャのもとに、衝撃的な内容の匿名の手紙が届いた。夫が秘書の若い女性とこの数週間密会を重ねていて、今夜も彼女の家で会う予定だという。まさかとは思ったが、夫のマークはこのところ帰りが遅く、夫婦のあいだがなんとなくぎくしゃくしているのは否めない。その夜、思い悩んだ末に秘書の家に電話すると、受話器の向こうから男性の声が聞こえてきた。それはまぎれもなく、夫マークの声だった。サンチャはあわてて受話器を戻し、目を閉じた。手紙の内容は事実だったのだ!ああ、なんてこと…。嫉妬が体をむしばみ、苦痛が心をさいなんだ。その日から、サンチャの結婚生活は苦悩に満ちたものに変わった。

内容(「MARC」データベースより)
ある日サンチャのもとに、衝撃的な内容の匿名の手紙が届く。夫が秘書と密会を重ねているという。秘書の家に電話をすると受話器の向こうから夫マークの声が聞こえた。それから、サンチャの結婚生活は苦悩に満ちたものに…。

近くて遠い人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
キャシーは妻ある上司への思いを断ち切ろうと会社をやめた。ちょうどそのころ、クォントラル産業会長秘書の求人広告を目にし、彼女はすぐに応募書類を郵送した。そして二度の面接試験にもパスし、入社してから二週間がたつ。もっとも会長自身は出張中とかで、まだ一度も会ってはいないが。いよいよ今日はその会長に会える―そう思ってキャシーは気負いこんで出社した。ところが、会長は彼女が新しい秘書だと知るや否や、「なんてことだ!」とたたきつけるようなひと言だけを残し、部屋から出ていってしまった…。

内容(「MARC」データベースより)
キャシーは妻ある上司への思いを断ち切るため会社を辞めた。新しい職、会長秘書となって2週間。やっと会長に会えると思ったが、会長は彼女が秘書だと知ると「なんてことだ!」と言い、部屋から出て行ってしまった。

愛に満たされたら (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
セブンは両親亡きあと、ジェーン伯母の元に身を寄せている。世間には自分が霊能力者だということは隠しているが、時々襲ってくる奇怪なイメージや不安感はどうすることもできない。ジェイク・ジャクソンが家に押しかけてきたのも、突然ひらめいた霊感のせいだった。六年前に行方不明になった彼の娘レベッカはまだ生きていると伯母に話したところ、伯母がジェイクの母にそれを伝えたのだ。「でたらめな情報でおふくろを動揺させないでくれ」ジェイクの剣幕にセブンは茫然と立ちつくした。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ネーピア,スーザン
バレンタインデー生まれ。生まれながらのロマンス小説家と言える。ニュージーランド、オークランドでジャーナリストとして出発。ハンサムな上司と結婚したのち小説の執筆を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

イブのりんご (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ブレイクと私が結婚?冗談じゃないわ!そりゃあ彼は有能なパートナーで、親友とすら思っているけど。だって両親も親友同士だし、私たち昔は一緒にお風呂に入ったこともあるのよ。今さら結婚なんて考えられないわ―幼なじみとの縁談を笑いとばしていたジアンナだったが、絶世の美女ミーガンの出現に、事態は思わぬ方向に展開した。今まで女性にほとんど興味を持たなかったブレイクが、ミーガンにはすっかり夢中になってしまったらしい。喜んでいいはずのジアンナの心は、にわかに波立った。こんなつもりじゃなかったのに…。

恋は甘い毒 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
キャサリン・ランバートはロンドンに住む投資アナリスト。快適な家とよい仕事にめぐまれ、一見落ち着いた暮らしぶりだが、晴れやかな毎日とは言い難い。離婚して二年たつのに、前夫との結婚生活への思いがふっきれない。その一方で、もう結婚はこりごり…と思う。そんな二つの心をもてあまして、愛猫を相手に、引きこもりがちの日々を送っている。ところがある日、すてきな人が来るからと強引にディナーによばれた。モーガン・リンチ。アメリカ大使館員で独身。離婚歴あり。心は少しも弾まない。でも、なんだかいわくありげな男性みたい。

内容(「MARC」データベースより)
キャサリンはロンドンに住む投資アナリスト。離婚して二年たつのに前夫との結婚生活への思いがふっきれない。その一方で、もう結婚はこりごり…。ある日すてきな人が来るからとディナーに呼ばれた。アメリカ大使館員で独身。何かいわくありげな男性みたい。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

シンデレラの罠 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
人々のざわめきと活気に満ちたホテルの開館パーティーの席上、一流モデルのクリアは一人物思いにふけっていた。もうすぐ、このホテルのオーナーのマットが姿を見せる。彼は私が九年前のあの太った小娘だってことに気がつくかしら?まだ十七歳の頃、兄の友人であったマットに、容姿についての心ない言葉で傷つけられて以来、美しくなることがクリアの人生の最大の目標となった。そして今、彼女は見違えるくらい魅力的な女性に変身していた。再会しても、クリアが誰であるか、マットがわからないほどに…。誘うようなマットの目を見て、クリアはある復讐計画を思いつく。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウォーカー,ケイト
イングランド中部ノッチンガムシャーの生まれだが、ブロンテ姉妹の生地ヨークシャーで育った。ウエールズの大学、大学院に学び、ブロンテ姉妹の研究で修士号を取得した。学生時代に知り合い結婚した夫との間に息子が一人。刺繍や編み物が趣味(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

駆けぬける青春 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
十九歳のキットは、このところさまざまな心の揺れに戸惑いぎみだ。大胆で情熱的な経験に憧れ、体の奥にうずきを感じる。何ごとにも好奇心いっぱいのキットだけれど、母にはいぶかられ子供のころからずっと気立てのよい妹と比較され続けてきた。それでも父は“おまえは完璧だよ”と優しく言う。過去に何があったかは知らないが、父はある時すべてを捨ててこの熱帯雨林の中の芸術家村に移り住んだと聞いている。すばらしい環境―すぐ近くに広がる砂浜がキットの大好きな場所だ。母には叱られるのに、いつもビキニのトップを取って日光浴をする。その男性に出会った朝も、キットは無防備な姿で太陽を浴びていた。

{鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {高収入バイト情報} {GOGO!江戸川区!} {千葉の印刷なら千代田印刷} {美容外科} {電子たばこ} {東京ぶらぶら} {アキバ中毒のページ} {墨田区紀行} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {台東紀行} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {鶯谷・うぐいすだに} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク}
{SFまんた} {司馬遼太郎〜歴史・時代小説}

ooo千葉蛸・たこ焼き大好きooo カレー大好きキレンジャー!ooo 山手線エリアで食べられるおいしいパン。ooo 天国的お魚の道@千葉ooo 国家の要!千代田区ooo 住宅ローンのことooo 川は生きているooo 特大房総!房総の魅力満点!ooo 文の京!文京区!ooo 千葉のちょっといい景色ooo 千葉ちゃんパパの公園散歩ooo 模型大好き!モデラー志願!!ooo 千葉県の天然記念物一覧ooo リアクション芸人ooo 千葉文化ぶんか!ooo 電子たばこooo 上野情報.comooo 日暮里 鶯谷 上野 ニュースooo ハイキング自然歩道@千葉ドットコムooo 和菓子de千葉はんなりooo