ハーレクイン・クラシック

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・クラシックスのお勧めばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

最後の船旅 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ウェンディは脳腫瘍と診断され、余命四カ月と知らされた。両親もなく、一人ぼっちの彼女は、家財すべてを売り払って豪華客船フェゾン号特等航室の客となり最後の船旅に出た。美しいウェンディに好意を寄せる青年たちに囲まれても、自分の運命を思うと心を開くことがためらわれた…。

内容(「MARC」データベースより)
ウェンディは脳腫瘍と診断され、余命4カ月と知らされた。家財を売り払い、豪華客船の特等船室の客として最後の船旅に出たウェンディは、好意を寄せる青年たちに囲まれても自分の運命を思うと心を開けず…。79年刊の再刊。

危険な嘘 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
タニア・カーターは、子供靴専門の店を開くため、一人娘のルーシーとともに、チェシャーの小さな町に越してきた。ルーシーが生まれたのは十一年前、タニアが十八の時だった。身寄りのない母と子だけの生活は苦しかった。でもこれからは…。念願だった店を持ち、このまま順調にいけば、大事な大事なルーシーに、古着以外の服だって買えるかもしれない。だが、店に現れた町の有力者の言葉で、未来に暗雲が漂い始めた。「義弟とすぐに別れろ。さもないと店の妨害をする」いったい何のこと?身に覚えはないわ。そんなタニアの抗議を、その男ジェイムズは聞こうともしない。

内容(「MARC」データベースより)
念願だった子供靴専門の店を開くため、娘のルーシーとともに小さな町に越してきたタニア。だが、店に現れた町の有力者ジェイムズは、義弟と別れないと店の妨害をすると言う。身に覚えのないタニアは抗議するが…。

バレンタインの夜に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
バレンタインの夜、ひょんなことからジョイは大物スターのマーカス・バレンタインと出会った。探るようなブルーの目に見つめられた時、ジョイの背筋に震えが走った。初対面の男性をこれほど意識したのは初めてだわ…。深みのある声で誘われ、ジョイは思いきってマーカスと踊ることにした。六ヵ月前につき合っていた男性から別れを告げられて以来、ジョイは仕事だけの単調な日々を送っていた。少しくらいはめをはずして楽しんでもいいはずよ。ダンスフロアで不意に唇を重ねられ、ジョイはわれを忘れてしまう。ところが、マーカスは彼女のことを浮気を楽しんでいる人妻と思い込み、険しい顔で侮蔑の言葉を浴びせかけるのだった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
モーティマー,キャロル
三人兄妹の末っ子として英国ベッドフォードシャーの小村で育つ。マン島に在住。1978年にデビューした彼女がこれまでに執筆したロマンス小説は百冊以上にのぼる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ふられた花婿 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
看護婦として働いているセーラは、休暇で南フランスへ来ている。母に頼まれて、彼女の友人一家の面倒を見るべく同行したのだ。フランスに到着して以来、子供たちの世話はもちろんのこと、次から次へと用事を押しつけられて、ゆっくり休む暇もない。今日も、ひとり暮らしの隣人が長旅に出たので、彼女の鉢植に水をやるため、隣の留守宅へ来た。玄関を入ると、誰もいないはずの家に男物のシャツが落ちている!点々と散らばる服のあとをバスルームまでたどってきたセーラは、目の前のドアが開く音にぎょっとして顔を上げた。腰にタオルを巻いただけの、裸同然の男が立っているではないか。この男は何者なの?セーラは思わず彼の体に目を走らせていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
モーティマ,キャロル
秘書の教育を受けたが結婚し、1980年初めての子供をもうけた。英国生まれで、現在はマン島に住む。アン・メイザーの作品に傾倒して、同傾向の作品を書きはじめた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛と百万ドル (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
病死した兄の子供たち三人の面倒をみながらつましく暮らしていたローラは、ある日、宝くじで百万ドルを当てた。とたんにボーイフレンドのバートがプロポーズしてきたり、教会に寄付をせがまれたり、お金目当てに人が近づいてくる。バートのプロポーズは本当に愛情からなのだろうか…。ローラはすっかりいやになって、知人の別荘へ避暑に出かけた。海辺の別荘へ着く前に、思いがけないことが起きた。夕食に立ち寄った“アニーの店”で、食べ終わってみると財布がない。そのとき、別荘の隣人だという不愉快な男が立て替えてくれた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フィールド,サンドラ
イギリス生まれ。人生の大半をカナダで過ごす。カナダ北部の静寂と空虚さを愛し、現在住む町を作品の舞台に選ぶことも多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

氷が解けたら (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ヘレン・アンドリューズは二十四歳の有能な秘書。二十歳の時突然両親を交通事故でなくしてからは悲劇続きだった。暴力を振るうようになった夫との惨めな結婚生活と離婚、娘の誕生。そして、やっと立ち直り、一家の柱として、マクリーン・インターナショナルのイギリス支社で、物わかりのいい気楽なボスのもと、きびきびと元気に働いている。だが、人事異動で、急に支社長が交代になるという。マクリーン家の御曹子、冷酷で突き刺すような鋭い目の持ち主、ロス・マクリーンが、ニューヨークから来てあとを引き継ぐのだ。どうしたら、この新しいボスとうまくやっていけるかしら。

雪どけの朝 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
顔も知らないまたいとこの訪問を控え、ソレルの一家は大騒ぎだ。双子の弟が帰省している上に兄夫婦が一時的に同居しており、これ以上誰かを家に泊めることはできない。しかし、はるばるオーストラリアからやってくるヴァルを追い返すのもかわいそうだ。そこで彼女には、ウェールズにある無人の古い農場に滞在してもらうことになった―ソレルと二人で。辺ぴな場所にあるし、ベッドも一つしかない不便な家だが、どうにか我慢できるだろう。三日後には兄が迎えに来てくれる。そう楽観的に構えていたが、猛吹雪の中農場を訪れたヴァルを見てソレルはぎょっとする。なんてこと、男の人じゃないの。

ラベルは“妻” (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
有能な重役秘書エリス・ワースは、意気揚々と出社した。今日こそは運命の日になるはずだ。ひそかに思いを寄せてきた上司チャールズが社長に昇進する…。だが、新しく社長になったのはマシュー・カニング、奇跡の仕事師と呼ばれるやり手だった。チャールズは子会社に移り、エリスは行き場を失ってしまう。そこにカニングから、彼の秘書にならないかという誘いがあった。前社長がエリスを推薦してくれたのだ。でも、そんなことできない。チャールズの夢を打ち砕いた人の秘書になるなんて。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ジョージ,キャサリン
ウェールズ生まれ。早くから熱心な読書家で、その情熱はやがて書くことへと向いた。エンジニアと結婚し、九年間ブラジルに暮らす。その後、息子と娘の教育のためにイギリスに滞在することが多くなり、一人で過ごす夜に小説を書くようになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ふられた花婿 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
看護婦として働いているセーラは、休暇で南フランスへ来ている。母に頼まれて、彼女の友人一家の面倒を見るべく同行したのだ。フランスに到着して以来、子供たちの世話はもちろんのこと、次から次へと用事を押しつけられて、ゆっくり休む暇もない。今日も、ひとり暮らしの隣人が長旅に出たので、彼女の鉢植に水をやるため、隣の留守宅へ来た。玄関を入ると、誰もいないはずの家に男物のシャツが落ちている!点々と散らばる服のあとをバスルームまでたどってきたセーラは、目の前のドアが開く音にぎょっとして顔を上げた。腰にタオルを巻いただけの、裸同然の男が立っているではないか。この男は何者なの?セーラは思わず彼の体に目を走らせていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
モーティマ,キャロル
秘書の教育を受けたが結婚し、1980年初めての子供をもうけた。英国生まれで、現在はマン島に住む。アン・メイザーの作品に傾倒して、同傾向の作品を書きはじめた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

謎の後見人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ホイットニーはロンドンの日刊紙『ナショナル』の記者だ。建築業界の大物ベリズフォードと議会の癒着を調査しているが、手を引けという脅迫電話を何度となく受けている。編集長の反対を押しきってベリズフォードと会食をしたあと、彼女は謎の男に捕らえられ、テムズ川の船着き場へ連れていかれた。絶対絶命!そう思った瞬間、目の前に現れたのは新聞社のオーナーで彼女の後見人のホークだった。ホイットニーの身の危険を案じて彼が誘拐劇を企てたのだ。ホークの自家用船から出ることを禁じられたホイットニーは、その夜彼がベリズフォードの一味と密会しているらしいのに気づく。不正にかかわっているのだろうか、わたしの愛するこの人が…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
モーティマー,キャロル
三人兄妹の末っ子として英国ベッドフォードシャーの小村で育つ。良きパートナーと四人の息子に恵まれ、マン島に在住。1978年にデビューした彼女がこれまでに執筆したロマンス小説は百冊以上にのぼる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

{鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {高収入バイト情報} {GOGO!江戸川区!} {千葉の印刷なら千代田印刷} {美容外科} {電子たばこ} {東京ぶらぶら} {アキバ中毒のページ} {墨田区紀行} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {台東紀行} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {鶯谷・うぐいすだに} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク}

ooo山手線エリア~洋食屋 王道のカレー&ビーフシチュー~ooo スーパーシガレット/SuperCigaretteooo 千葉ちゃんパパの公園散歩ooo 千葉の梨園・梨狩り万歳ooo IIS設定備忘録ooo ECO Smoker(エコスモーカー)ooo よい街、品川ooo 新鮮 魚料理を食すooo 千葉を中心としたの潮干狩り場・潮干狩り情報をご紹介する~ちば潮干狩り.COM~ooo ぶんか千葉!千葉県の文化情報配信中!!ooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo 千葉市のプール一覧ooo 寿司喰いねぇ~!ooo 渋谷ぶらりooo おいしいくだものメニューooo ビバ!プリプレスooo 和菓子de千葉はんなりooo 千葉は八街のピーナッツを知ろう!ooo 天国的お魚の道@千葉ooo